注意欠陥・多動性障害(ADHD)

注意欠陥・多動性障害(ADHD)について

 注意欠陥・多動性障害(ADHD)はこんな病気

注意欠陥・他動性障害は発達障害の一種で、その名称からもわかるように、年齢に見合わない不注意さや多動性(好きなこと以外に対する集中力が無く、関心や興味をほとんど示さない)、衝動性(思いついたことを、よく考えずに即座に行動に移してしまう)によって、日常生活に支障をきたしてしまう疾患です。

子どもによく見られますが、近年では大人にも少なからず見られるようになっています。

 注意欠陥・多動性障害(ADHD)の主な症状

注意欠陥・多動性障害(ADHD)では、以下のような症状が見られます。

▼ 多動性が原因で起こること

  •  会議中や勤務時間中に落ち着けず、そわそわしてしまう。
  •  一回話し出すとなかなか止められない。また、自分のことばかり話してしまう。
  •  貧乏ゆすりなどの、体を動かす癖が止められない。

▼ 衝動性が原因で起こること

  •  会議や商談の場で、よく不用意な発言をしてしまう。
  •  頻繁に衝動買いをしてしまう。
  •  衝動的に人を傷つけるようなことを言ってしまう。

▼ 注意不足が原因で起こること

  •  仕事に集中できず、締切りが守れなかったり、最後まで終えられなかったりする。
  •  外出に時間がかかってしまい、約束の時間に遅れることがよくある。
  •  お金の管理がひどく苦手である。

 当院での注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療方法

日常生活への支障を最小限に抑えるために、生活環境や人間関係などを見直す心理・社会的治療と薬物療法を組み合わせて治療します。

薬物療法でお出しする薬は、ドーパミンやノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の不足を改善するため、それによりADHDに特有の症状を抑制する効果が期待されます。

 ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で服薬を中止してしまったために、再び症状が重くなってしまうことがよくあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整しております。また、薬を減らす・止めるタイミングについても、適宜ご相談の上決定しますので、薬は用量・用法を守って正しく服用してください。

医院概要

江戸川区東葛西の心療内科・精神科

葛西こころのクリニック

住 所

〒134-0084 
東京都江戸川区東葛西6-1-17
第6カネ長ビル7F
(TSUTAYAななめ前)  

TEL

03-5878-0526
※初診のみ完全予約制

最寄り駅

東京メトロ東西線
葛西駅中央口より徒歩3分

アクセスマップ

診療時間表

求人情報

リンク集

モバイルサイト-葛西こころのクリニック

ページ先頭へ