更年期障害

更年期障害について

 更年期障害はこんな病気

更年期とは、閉経を迎える前後の約10年間(一般的には45~55歳)を指し、更年期障害は、更年期にあたる女性の2~3割がかかると言われます。閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で、自律神経系の交感神経と副交感神経という脳のアクセルとブレーキの役割を担う機能が異常をきたし、それが様々な身体的・精神的な変調を引き起こします。

 更年期障害の主な症状

更年期障害では身体面と精神面で、以下のような症状が現れます。

▼ 身体症状

のぼせや顔のほてり、異常な発汗、動悸、息切れ、頭痛など。

▼ 精神症状

イライラ、不眠、抑うつ、集中力の低下、もの忘れなど。

 当院での更年期障害の治療方法

女性ホルモンの減少によって異常をきたした自律神経を正常な状態に戻すために、主に漢方薬で治療します。

 ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で服薬を中止してしまったために、再び症状が重くなってしまうことがよくあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整しておりますので、飲む量・回数はお守りください。

医院概要

江戸川区東葛西の心療内科・精神科

葛西こころのクリニック

住 所

〒134-0084 
東京都江戸川区東葛西6-1-17
第6カネ長ビル7F
(TSUTAYAななめ前)  

TEL

03-5878-0526
※初診のみ完全予約制

最寄り駅

東京メトロ東西線
葛西駅中央口より徒歩3分

アクセスマップ

診療時間表

求人情報

リンク集

モバイルサイト-葛西こころのクリニック

ページ先頭へ