パニック障害

パニック障害について

 パニック障害はこんな病気

パニック障害とは、突然、時間と場所を選ばずにパニック発作を伴って起きる、「死ぬのではないか」という恐怖状態に陥る疾患です。特定の原因や、体の問題が無いにもかかわらず、このような状態に陥ってしまうのです。日本人の100人に1人はパニック発作に見舞われたことがあると言われており、けっして珍しい病気ではありません。

 パニック障害の主な症状

急な息苦しさや胸の痛み、恐怖感、発汗、吐き気、動悸などの症状(パニック発作)が現れます。通常10分以内に発作はピークに達し、そこから次第に治まっていきます。

 当院でのパニック障害の治療方法

主に抗不安薬や抗うつ薬で治療していきます。患者様のご希望があれば、臨床心理士が認知行動療法(考え方のバランスを取りながら、問題に上手に対応できるこころの状態をつくっていくコツを身につける方法)を用いたカウンセリングを併せて行います。

 ご来院いただいた後の注意点

パニック発作が再度起こってしまうのではないかという不安がすっかり消えるまで服薬を続けることが大切です。パニック障害の症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら快方に向かっていきますので、症状に一喜一憂しないように注意してください。

医院概要

江戸川区東葛西の心療内科・精神科

葛西こころのクリニック

住 所

〒134-0084 
東京都江戸川区東葛西6-1-17
第6カネ長ビル7F
(TSUTAYAななめ前)  

TEL

03-5878-0526
※初診のみ完全予約制

最寄り駅

東京メトロ東西線
葛西駅中央口より徒歩3分

アクセスマップ

診療時間表

求人情報

リンク集

モバイルサイト-葛西こころのクリニック

ページ先頭へ