統合失調症

統合失調症について

 統合失調症はこんな病気

統合失調症は幻聴(実際には無い音が聞こえる)や妄想(見張られている・後をつけられている、など)など、多様な症状が現れる精神疾患です。高齢になってから発症するケースは比較的少なく、多くは20代前後の比較的若い時期に起こります。急に症状が現れることがある一方で、時間をかけてゆっくりと現れることもあります。

 統合失調症の主な症状

統合失調症では、主に以下のような症状が現れます。当てはまると思う症状がある場合は、一度心療内科・精神科を受診されることをお勧めします。

  •  悪口を言われていると感じる。
  •  誰かに命令されていると感じる。
  •  他人から危害を加えられていると感じる。
  •  誰かに後をつけられていると感じる。
  •  監視されている・盗聴されていると感じる。
  •  自分の考えが他人の声で聞こえてくる。

 当院での統合失調症の治療方法

統合失調症の治療では、症状を抑えるための薬を服用することが必要となります。当院では、薬は過不足なく出すことが大切だと考えます。最初は症状を抑えるために薬をしっかりと服用していただき、症状が治まってきた段階で薬を減らしていく――それが薬の総量を少なくする一番の方法です。

また、社会活動に徐々に復帰していただくために、デイケアや共同作業所のご紹介なども行います。

 ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で服薬を中止してしまったために、再び症状が重くなってしまうことがよくあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整しておりますので、飲む量・回数はお守りください。

「規則正しい生活」こそが、社会活動に復帰するための基本です。特に、食事と睡眠を決まった時間にとるように心がけてください。

医院概要

江戸川区東葛西の心療内科・精神科

葛西こころのクリニック

住 所

〒134-0084 
東京都江戸川区東葛西6-1-17
第6カネ長ビル7F
(TSUTAYAななめ前)  

TEL

03-5878-0526
※初診のみ完全予約制

最寄り駅

東京メトロ東西線
葛西駅中央口より徒歩3分

アクセスマップ

診療時間表

求人情報

リンク集

モバイルサイト-葛西こころのクリニック

ページ先頭へ