ムズムズ脚症候群

ムズムズ脚症候群について

 ムズムズ脚症候群はこんな病気

ムズムズ脚症候群は“レストレスレッグス症候群”とも呼ばれ、じっと座ったり横になったりすると、主に脚(人によっては脚だけではなく腰や背中、腕や手にも症状が現れます)にムズムズする、ピリピリする、かゆみ、痛みなどの不快感が現れる疾患です。特に夕方から夜間にかけて症状が現れるケースが多く、睡眠障害の原因にもなりやすい病気です。

 ムズムズ脚症候群の主な症状

夕方から夜間にかけて、脚が

  •  ムズムズする。
  •  ピリピリする。
  •  ほてったような感じがする。
  •  かゆい(かきむしりたくなる)。
  •  足先がジンジンする。
  •  足に虫が這っているような感じがする。

などの不快感が現れます(患者様によっては、脚以外の部分にも症状が現れます)。

 当院でのムズムズ脚症候群の治療方法

ムズムズ脚症候群の原因の一つとして「鉄分」の不足が考えられます。症状が軽い場合は、食事による鉄分の補給やカフェイン・ニコチン・アルコールを控えるなど、日常生活を改善することで症状が治まるケースもあります。また、症状によっては薬物による治療を行います。

 ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で服薬を中止してしまったために、再び症状が重くなってしまうことがよくあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整しておりますので、飲む量・回数はお守りください。

医院概要

江戸川区東葛西の心療内科・精神科

葛西こころのクリニック

住 所

〒134-0084 
東京都江戸川区東葛西6-1-17
第6カネ長ビル7F
(TSUTAYAななめ前)  

TEL

03-5878-0526
※初診のみ完全予約制

最寄り駅

東京メトロ東西線
葛西駅中央口より徒歩3分

アクセスマップ

 
診療時間表

求人情報

リンク集

モバイルサイト-葛西こころのクリニック

ページ先頭へ