社交不安障害(SAD)

社交不安障害(SAD)について

 社交不安障害はこんな病気

人前で話すなど、人前に立つ行動に強い不安を感じる疾患を社交不安障害(SAD)と言います。性格の問題と混同されたりもしますが、社交不安障害ではそれらの行動に強い苦痛を感じて身体症状が現れ、次第にそうした場面、ひいては日常生活を避けるようになってしまいます。

 社交不安障害の主な症状

悪い評価を受けることや、人の注目を浴びる行動への不安から、動悸や発汗、吐き気、ふるえなどの身体症状が現れます。

 当院での社交不安障害の治療方法

主に抗不安薬や抗うつ薬で治療していきます。行動療法(症状が現れる原因となる行動を実際に少しずつ体験し、成功体験を積むことによって障害を克服する精神療法)を用いる場合もあります。

 ご来院いただいた後の注意点

症状に対する不安がすっかり消えるまで服薬を続けることが大切です。社交不安障害の症状は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら快方に向かっていきますので、症状に一喜一憂しないようにしてください。薬をしっかりと飲んで症状を抑えつつ、ストレスとしっかりと向き合うことが大切です。

医院概要

江戸川区東葛西の心療内科・精神科

葛西こころのクリニック

住 所

〒134-0084 
東京都江戸川区東葛西6-1-17
第6カネ長ビル7F
(TSUTAYAななめ前)  

TEL

03-5878-0526
※初診のみ完全予約制

最寄り駅

東京メトロ東西線
葛西駅中央口より徒歩3分

アクセスマップ

診療時間表

求人情報

リンク集

モバイルサイト-葛西こころのクリニック

ページ先頭へ